プッチンプリン

開発者インタビュー

おいしさにとことんこだわったプッチンプリンを是非味わっていただきたい。商品技術開発研究所 乳業・洋生菓子グループ 宮ノ原 淳也
  • 「プッチンプリン」のこだわりを教えてください。

    宮ノ原プリンには、深い甘味とコクの北海道産練乳、厳選した生乳、豊かな風味のバター、北海道産の生クリームといった複数の乳製品を組み合わせ、さらに鶏の餌からこだわった国産卵を選び抜き複数ブレンドしています。絶妙な配合によって濃厚なミルクのコクを感じていただけるよう設計しているんです。そしてこの味わいを一番おいしく感じていただけるのが、プルルンとした「プッチンプリン」ならではの食感なんです。
    また、複数の糖を組み合わせて作り上げた甘い香りとほろ苦さのあるカラメルソースを合わせることで、プリンのミルクのコクを引き立て、濃厚な味わいに仕上げています。
    2019年からは、よりミルクや卵のおいしさを感じていただけるよう添加物をなるべく使用せずに作る取り組みも行っているんです。

  • 当初、中身はどのように開発されたのでしょうか?

    宮ノ原開発当初、最高のおいしさを目指し、お手本としていたのが、当時よく売れていたシュークリームでした。その味をお手本としながら、飽きの来ないおいしさを追求。そして、その味わいを最もおいしく感じられる食感の開発にも 力を入れ、原料メーカーと1から作り上げ、このプルルンとした食感が生まれたんです。

  • 今後のお考えはありますか?

    宮ノ原「プッチンプリン」を食べて少しでも笑顔になっていただきたい、この思いは変わることはありません。
    おいしさはその時代の変化、お客様の嗜好の変化に伴って変わっていくものです。我々もそのトレンドを分析しながら、変えてはいけないところは守りながら、その時代時代の最高の「プッチンプリン」のおいしさを追求していきたいと考えています。
    また、研究結果から「見た目」がおいしさや楽しさに影響することが分かっているんです。
    (詳しくは、する派?しない派?研究結果ページに掲載)
    中身はもちろん、見た目からもおいしさや楽しさを感じていただけるよう、お客様にもっと「プッチン」していただきたいという思いで、我々も日々研究を重ねています。
    次はどんな「プッチンプリン」が登場するか、是非楽しみにしていてください。

TOP