タンサ(短鎖)脂肪酸 タンサ(短鎖)脂肪酸
THEME 01

「タンサ(短鎖)脂肪酸」をご存知ですか?

タンサ(短鎖)脂肪酸とは、ヒトの大腸内で腸内細菌によって作られる酸(有機酸)の一種で、「酢酸」、「プロビオン酸」、「酪酸」などの種類があります。

実は、このタンサ(短鎖)脂肪酸は、私たちの健康にさまざまな良い働きをしてくれることが分かってきており、最近注目を集めています。

江崎グリコは、腸から健康寿命を延伸することを目指し、このタンサ(短鎖)脂肪酸に注目しました。

タンサ(短鎖)脂肪酸についての未知なる可能性を追い求めると共に、多くの方に知っていただけるように、タンサ(短鎖)脂肪酸の研究と情報発信を行う「タンサ(短鎖)脂肪酸プロジェクト」を発足しました。

ヒトの腸内には、約1000種類、100兆個もの腸内細菌が生息。
ヒトの腸内には、約1000種類、100兆個もの腸内細菌が生息。
THEME 02

「タンサ(短鎖)脂肪酸」はどうやって作られるの?

ヒトの腸内には、約1000種類、100兆個もの腸内細菌が生息しています。

その中でも、「ビフィズス菌」などの善玉菌は、菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を代謝して、酢酸、プロピオン酸、酪酸などのタンサ(短鎖)脂肪酸を産生します。

タンサ(短鎖)脂肪酸をつくるには、ビフィズス菌などの善玉菌を増やすと共に、食物繊維などのエサをとり入れることが重要です。

腸内でタンサ(短鎖)脂肪酸が増える仕組み 腸内でタンサ(短鎖)脂肪酸が増える仕組み
THEME 03

「タンサ(短鎖)脂肪酸」の具体的な働き

タンサ(短鎖)脂肪酸にはいくつかの働きがあります。
まずは「太りにくいカラダづくり」に繋がる2つの作用についてご紹介します。

体脂肪の低減

腸内で作り出されたタンサ(短鎖)脂肪酸は、体内に吸収されると、血流に乗って全身をめぐります。脂肪細胞に到達したタンサ(短鎖)脂肪酸は、脂肪組織に栄養が取り込まれるのを防ぐことで脂肪の蓄積を抑えることで、体脂肪を減らします。

一般に、脂肪の吸収をおだやかにする抗肥満を訴求した菌や成分は、一緒にとった食事に含まれる脂肪の蓄積のみを抑制しますが、腸内で産生されるタンサ(短鎖)脂肪酸は食事と一緒にとらなくても体脂肪を減らすことができます。

体脂肪の低減

基礎代謝の向上

タンサ(短鎖)脂肪酸は、血流にのって全身に広がり体温や血流、呼吸などをコントロールする神経が集まった交感神経節に到達します。

交感神経を活性化することで、脳や心臓に指令が出され、心拍数や体温の上昇を促すことで、基礎代謝を高め、脂肪を消費しやすくします。

基礎代謝の向上

その他にもこんな働きが!

悪玉菌を抑える

腸内では、善玉菌と悪玉菌が常に勢力争いをしていますが、タンサ(短鎖)脂肪酸は、腸内を適度な酸性に保ち善玉菌を応援すると共に、悪玉菌をやっつけます。

タンサ(短鎖)脂肪酸のなかでも、特に酢酸には悪玉菌を退治する殺菌作用や、増殖を抑える静菌作用があります。

ビフィズス菌などの有益な腸内細菌を増やせば、タンサ(短鎖)脂肪酸が増加し、腸からからだを元気にしてくれます。

悪玉菌を抑える

ウイルスや病原菌から体を守る

私たちの腸は、食事とともに取り込まれるウイルスや病原菌による感染や炎症の危険といつも隣り合わせにあります。

しかし、だからといって私たちは簡単には感染を起こすことはありません。それは腸の粘膜が病原体の侵入を防ぐという腸管バリア機能を担ってくれているからです。タンサ(短鎖)脂肪酸の中でも酪酸やプロピオン酸には、元気な腸粘膜を維持して、腸のバリア機能を高める働きがあります。

ウイルスや病原菌から体を守る
THEME 04

タンサ(短鎖)脂肪酸を増やすには?

タンサ(短鎖)脂肪酸を産生するビフィズス菌などの善玉菌を増やし、エサとなる食物繊維を十分に摂取することが重要ですが、実は日本人はどの年代でも食物繊維の摂取が不足していると言われています。

食物繊維の中でも、特に腸内で善玉菌のエサとなりタンサ(短鎖)脂肪酸を作り出す「水溶性食物繊維」をしっかり摂取することがタンサ(短鎖)脂肪酸の産生につながります。

タンサ(短鎖)脂肪酸を増やすには?
THEME 05

タンサ(短鎖)脂肪酸を増やすおススメの組み合わせ

グリコ独自のビフィズス菌(Bifidobacterium animalis ssp. lactis GCL2505株)には「生きて腸まで届きおなかで増える」という特性があります。
また、食物繊維イヌリンは他の食物繊維※と比較して腸内細菌のエサになりやすいという特徴を持っています。
※難消化性デキストリンとの比較

そのため、グリコ独自のビフィズス菌(Bifidobacterium animalis ssp. lactis GCL2505株)と食物繊維イヌリンは、タンサ(短鎖)脂肪酸を生み出すのに相性ピッタリなのです。

グラフのように、乳酸菌だけを含むヨーグルトよりも、グリコ独自のビフィズス菌と食物繊維イヌリンを含むヨーグルトの方がタンサ(短鎖)脂肪酸産生量が多いことがわかっています。

タンサ(短鎖)脂肪酸を増やすおススメの組み合わせ
タンサ(短鎖)脂肪酸を増やすおススメの組み合わせ
「タンサ(短鎖)脂肪酸」
の具体的な働き動画を見る