Mama’s Column ママのための子育てコラム

Mama’s Column ママのための子育てコラムMama’s Column ママのための子育てコラム

Vol.5

ママのお悩み そろそろ卒乳を考えています。
次のステップは牛乳への切り替えでよいのでしょうか?

1歳を迎える頃には食べものや行動にも変化が。

離乳食が1日3回になり、食事から栄養がとれるようになってくると、母乳や粉ミルクの卒業を考えるママもでてくるのではないでしょうか。 一方で、好き嫌いや遊び食べがみられるのもこの頃。 離乳食だけできちんと栄養が足りているのかどうか心配ですよね。 卒乳後のステップとして牛乳を検討されているママも多いかもしれませんが、牛乳はミネラルが豊富な反面、鉄分はほとんど含まれていません。 さらに、牛乳にはたんぱく質が多いため、赤ちゃんのからだに負担となってしまわないか気になるところです。

牛乳の約50倍も鉄分が豊富なフォローアップミルク。

「それなら卒乳後に何を飲ませたらいいの?」と困るママのみなさん、「フォローアップミルク」という名前を聞いたことはありませんか。 離乳後期から3歳頃までの幼児を対象にした栄養価の高いミルクです。 1日の鉄の推奨量※4.5mgをとるには牛乳だと約20,000mlも必要なのに対し、フォローアップミルクはわずか400ml。 牛乳の約50倍もの鉄分を含んでいるのです。

※日本人の食事摂取基準(2020年) 1~2歳

牛乳の約50倍も鉄分が豊富 牛乳の約50倍も鉄分が豊富

離乳食とセットにすることでバランスよく栄養補給。

また、フォローアップミルクには幼児期に不足しがち※なカルシウムと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを配合しているため、効率よく栄養を補うことができます。 離乳食とセットでとることで、お互いに足りない部分を補完し合え、赤ちゃんに必要な栄養をバランスよくサポートできます。

※日本人の食事摂取基準(2015年)、平成24年度国民健康・栄養調査

離乳食とセットにすることでバランスよく栄養補給。

家族みんなで楽しい食事の時間を。

食事の時間は赤ちゃんとコミュニケーションをとる大切な時間なので、笑顔で楽しい雰囲気を心がけて。 フォローアップミルクの飲み過ぎは離乳食を食べなくなる原因にもつながるので、適量を守るようにしましょう。

かわいい赤ちゃんのお写真や、
離乳食レシピなど
ママ・パパを笑顔にする
情報を発信中!
ぜひ、フォローしてね