TOPアイクレオ フォローアップミルク商品情報
ICREO アイクレオ バランスミルク パッケージ

1歳頃~3歳頃の時期に牛乳でとりにくい鉄、食事でとりにくいカルシウムをはじめとした栄養をバランスよく補うことができます。

「アイクレオ フォローアップミルク」
シリーズについてのお知らせ


「アイクレオ フォローアップミルク」シリーズは、現在一時的に欠品しております。
お客様には多大なるご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます。
幼児用ミルクは11月下旬以降順次販売再開を予定しております。
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

商品の特長

Features
アイQuality ロゴマーク

愛とたしかな栄養に満ちた、
アイクレオこだわりの証です。
すこやかな発育への
願いを込めた品質を、
お子様とご家族に届けます。

アイQuality 01

幼児期にとってほしい!
栄養を「フォロー」

1日の日本人の食事摂取基準(1~2歳の推奨または目安量)に対する充足率

牛乳や離乳食、幼児食だけで、お子さまに必要な栄養をすべてとるのは大変だから。この時期の発育に必要な鉄やカルシウムをはじめとした栄養成分をバランスよく補い、成長をしっかりサポートします。

1日の日本人の食事摂取基準(1~2歳の推奨または目安量)に対する充足率
アイQuality 02

牛乳にはわずかしか含まれない
「鉄分」配合

鉄分のイメージイラスト

牛乳には鉄分がほとんど含まれていません。
そのため、幼児期に必要な鉄分量※を1日にコップ約2杯(400ml)でとれるよう、調整しました。

※厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の鉄分推奨量・目安量(12~24ヵ月)より

アイQuality 03

食事ではとりづらい
「カルシウム」配合

カルシウムのイメージイラスト

カルシウムは骨や歯の発達に重要です。それなのに「遊び食い」や「むら食い」で、気づけばとれてない…そんな心配を和らげるため、カルシウムを配合しました。カルシウムとともに働くリンも、バランスよく配合しています。

カルシウムの吸収を助ける
「ビタミンD」配合

ビタミン D のイメージイラスト

カルシウムの吸収に重要な役目を果たす、ビタミンD。しかし、離乳食や幼児食に多い穀類やイモ類、野菜だけでなく、牛乳にもほとんど含まれていないから。この時期に必要な量※1のビタミンDを配合しました※2。

※1 厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」ビタミンD目安量(1~2 歳:2.0μg/日)より
※2 アイクレオ フォローアップミルクを1日に400mlを飲用する想定

日本初!発育に大切な
「ヌクレオチド」※1配合

ヌクレオチドのイメージイラスト

すこやかな成長に必要なヌクレオチド。母乳に含まれるこの成分のうち主要な5種類※1を、国内のメーカーで初めて、粉ミルクに配合しました。ここまで母乳に近づけた量※2のヌクレオチドを配合している粉ミルクは、アイクレオだけ※3

※1 5ʼ-シチジル酸、5ʼ-ウリジル酸ナトリウム、5ʼ-アデニル酸、5ʼ-イノシン酸ナトリウム、5ʼ-グアニル酸ナトリウム
※2 ヌクレオチド5種類の総量について
※3 2018年6月現在 当社調べ

ビフィズス菌に働く
"ガラクトオリゴ糖"を配合

ガラクトオリゴ糖のイメージイラスト

ビフィズス菌を増やすオリゴ糖は、たくさんの種類があります。「アイクレオ」のミルクは、母乳にも含まれるガラクトオリゴ糖を配合することにこだわりました。母乳で育てている赤ちゃんのうんちを、めざしています。

お子さまの成長に合わせた
「タンパク質」の質と量

赤ちゃんとタンパク質のイメージイラスト

乳清タンパク質とカゼイン(牛乳に含まれる主要なタンパク質)の比率にこだわり、良好なアミノ酸組成を実現しました。タンパク質の質だけでなく配合量も、この時期のお子さまの体に合わせています。

DHAに変わる成分を含む
「えごま油」配合

えごま油のイメージイラスト

赤ちゃんの体内でDHAに変わるα-リノレン酸は、母乳成分の一つです。そのα-リノレン酸を含むえごま油を配合しました。ミルクの風味づくりにも一役買っています。

いつもの離乳食も
手軽に栄養アップ!

離乳食を作るパパ・ママのイメージイラスト

そのまま飲むのはもちろん、離乳食やおやつの材料に使えば、忙しいときもパパッと手軽に栄養アップできます。飲み慣れているミルクの味は、お子さまも食べやすいはず。

「栄養士かつ子育てアドバイサー」
が、バックアップ

子育てアドバイザーのイメージイラスト

アイクレオの開発やサポートに携わる社内の栄養士は、200人以上。その全員が、子育てアドバイザーの資格を取得しています。
病院や産院、お店で。お子さまやお母さんご自身の栄養相談をおこない、お子さまのすこやかな成長を応援しています。

原材料・栄養成分・
アレルギー物質

Ingredients , Nutrients and Allergens

脱脂粉乳(オーストラリア製造)、乳糖、調整食用油脂(分別ラード、オレオ油、大豆油、ヤシ油、パームオレイン)、でんぷん分解物、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、ガラクトオリゴ糖、エゴマ油、食塩/炭酸カルシウム、レシチン、塩化マグネシウム、水酸化カルシウム、リン酸三カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、5'-シチジル酸、ニコチン酸アミド、ビタミンE、パントテン酸カルシウム、5'-ウリジル酸ナトリウム、5'-アデニル酸、5'-イノシン酸ナトリウム、5'-グアニル酸ナトリウム、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンB1、葉酸、ビタミンB2、、β-カロテン、ビオチン、ビタミンD3、ビタミンB12、(一部に乳成分 ・ 大豆を含む)

エネルギー
484kcal
たんぱく質
15.5g
脂 質
21.7g
炭水化物
56.8g
食塩相当量
0.51g
ビタミンA
490μg
ビタミンB1
0.7mg
ビタミンB2
0.8mg
ビタミンB6
0.7mg
ビタミンB12
1.5μg
ビタミンC
74mg
ビタミンD
5.5μg
ビタミンE
6.5mg
ナイアシン
7.7mg
葉酸
130μg
パントテン酸
5.5mg
ビオチン
16μg
カルシウム
725mg
リン
390mg
8.3mg
カリウム
625mg
マグネシウム
60mg
β-カロテン
90μg
リノール酸
2.6g
α-リノレン酸
0.45g
塩素
470mg
ヌクレオチド
21mg
ガラクトオリゴ糖
0.3g
灰分
3.5g
水分
2.5g

※店頭に並ぶ商品とは異なる場合がございます。
必ず、お手元の商品パッケージにて原材料名・栄養成分表示のご確認をお願い致します。

乳成分・大豆

※原材料中に含まれるアレルギー物質(28品目中)を表示しております。

かわいい赤ちゃんのお写真や、
離乳食レシピなど
ママ・パパを笑顔にする
情報を発信中!
ぜひ、フォローしてね